B型肝炎訴訟とは

B型肝炎訴訟とは


幼少期に受けた集団予防接種などの際に注射器が連続使用されたことによってB型肝炎ウィルスに持続感染したとされる方々が、国に対して損害賠償を求めた裁判がB型肝炎訴訟です。

この訴訟により、平成18年6月には、国の責任が認められ、平成23年6月28日の基本合意書の締結を経て、平成24年1月13日に「特定B型肝炎ウィルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」が施行されました。

この法律は、幼少期の集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染された方のうち、法律の要件を満たす人に、国から最大で3600万円の給付金が支給されるというものです。









B型肝炎に関するご相談はお早めに!


  • 最終更新:2015-04-24 12:33:07

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード